2018年04月15日

季刊誌「漢方のめぐみ」2018春号のお知らせ

image_megumi09.jpg

季刊誌「漢方のめぐみ」2018年春号目次

◆巻頭随筆 艱難、汝を珠とす・・・丸山 征郎
◆漢方医学講座・臨床講座
  <テーマ>高齢者
  ・「高齢者には漢方を・・・矢久保修嗣 ※1
  ・フレイルを考慮した高齢者医療・・・荒木 厚 ※2
  ・高齢者関連処方の生薬解説・・・伊藤美千穂
◆日本漢方医学研究所基礎講座
  『類聚方広義』を読む(1)・・・足立 秀樹
◆漢方の森
  人参湯で消化器以外の症状が改善した2症例 ・・・盛岡 頼子
◆生薬と生薬学
  貝原益軒と大和本草・・・本多 義昭
● color corner
● 次号予告・編集後記・・・足立秀樹理事長

三月中に寒暖差があったためか、はやくも東京の桜は満開となり、そぞろ歩きに最適な季節になりました。私は開業医として往診もしていますが、お年寄りには真冬と真夏が鬼門であることを実感しています。例年、この時期には病状の悪化がみられるのです。ですから、桜が咲く頃になるとホッとします。本号は高齢者・フレイルがテーマでした。いままでの経験から、この分野については、漢方のほうが適していると私は考えています。漢方処方で、通院不能になった方を通院可能に、寝たきりになりかけた方を家庭内での自立に導けることも、まれではありません。本号を診療にお役立てください。
年度会費8,640円(4月より翌年3月まで)一部2,160円
編集委員(アイウエオ順)
足立秀樹(編集長)
新井信(副編集長)/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/久米由美/塩原仁子/中田佳延/盛岡頼子/森  満/矢久保修嗣(副編集長)
編集顧問:丸山征郎
posted by 担当者 at 07:48| 季刊誌「漢方のめぐみ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする