2017年01月23日

季刊誌「漢方のめぐみ」2017新春号のお知らせ

image_megumi05.jpg

季刊誌「漢方のめぐみ」2017年新春号目次

◆巻頭随筆 関係性の医学としての漢方(2):自らの過去と未来との関係・・・丸山 征郎
◆漢方医学講座・臨床講座
  <テーマ>リウマチ
  ・漢方薬によるRAへの対応ー伝統医学的病態と最近の話題・・・小暮 敏明 ※1
  ・関節リウマチの診断と治療の実際・・・武井 正美 ※2
  ・リウマチ関連処方構成生薬解説・・・金 成俊
◆傷寒論の基礎と臨床
  少陽病篇、太陰病篇と少陰病篇(1)・・・足立 秀樹
◆漢方の森
  高度認知症患者さんの摂食障害に人参養栄湯・・・森 満
  潰瘍性大腸炎に胃風湯・・・新井 信
◆生薬の世界から
  麻子仁・・・伊藤美千穂
◆生薬と生薬学
  本草辨疑について(3)・・・本多 義昭
◆筍庵随想
  外台秘要のひろいよみ(23)・・・山田 光胤
● color corner
● 次号予告・編集後記・・・足立秀樹理事長
 明けまして おめでとうございます。今年の「漢方のめぐみ」は、さらに読みやすく役に立つ医学雑誌となることを目指します。懸案となっている「活」時代の記事を含めたデータベース化と読者の皆様への提供も、一歩前進させたいと考えています。今回のテーマはリウマチですが、華々しい現代医薬の効果に驚いていた時代は過ぎようとしており、その限界もみえてきたように感じました。この領域でも漢方の可能性は未だ残っているようです。ただし漢方医学に関する常識を深めておかなければ、その可能性を生かすことはできないでしょう。今ある様々な手段を生かすためには不断の努力が必要なようです。
年度会費8,640円(4月より翌年3月まで)一部2,160円
編集委員(アイウエオ順)
足立秀樹(編集長)
新井信(副編集長)/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/塩原仁子/盛岡頼子/森満/矢久保修嗣(副編集長)
編集顧問:丸山征郎
編集所:一般財団法人日本漢方医学研究所

btn_megumi_form.gif
posted by 担当者 at 10:58| 季刊誌「漢方のめぐみ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする