2012年07月01日

Q2:煎じて飲む漢方薬と顆粒状になったエキス剤との違いはあるのですか?

漢方薬は、生薬をそのまま粉末にして飲むとか、それを固めて丸薬として飲むとかいう例外を除けば、毎回、煎じて飲むのが、本来の用い方です。

しかし、何ごとも合理化の時代、煎じ液を濃縮乾燥させ顆粒状にしたエキス剤が開発され、健康保険でも使用が可能となり、今やエキス剤の方がポピュラーになっています。

とにかくエキス剤は、その度に土瓶で煎じる煩雑さがない上に携帯にも便利で品質も安定しているのが特長です。

エキス剤を白湯に溶かして飲めば、味も香りも煎じ薬と大差なくへ効果もほぼ同等でしょう。ただし、エキス製剤化されたものは、何百種類の漢方処方の中の一部に過ぎませんので、症状によって、エキス剤にはない処方を使うときには、煎じ薬が用いられます。

◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00| 漢方Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする