2012年07月01日

Q3:漢方薬は食前に飲みなさいと言われましたが、それはどうしてですか?

確かに漢方薬は、ほとんどの場合、食前に服用すること、と説明されています。

どんなクスリでも胃が空っぽのときに飲むと、吸収がよいのです。しかし、クスリによっては胃の粘膜が荒れてしまうことがあります。ほとんどの西洋薬が食後服用となっているのはそのためです。
漢方薬は胃の粘膜にやさしいので、よく吸収させることを考えれば胃が空っぽのときに、白湯で溶かして飲むのがよく、ですから食前が勧められます。もちろん食間でも構いません。

なお、食前とは食事の三十分前、食間とは食事と食事の間、すなわち食後二、三時間をいいます。ただし、食前だと後の食事がまずくなる、胃がもたれる、などという方や、食前や食間ではつい飲み忘れるという方は、食後に飲んだほうがよいでしょう。

◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

ラベル:漢方薬 胃の粘膜
posted by 担当者 at 00:00| 漢方Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする