2014年07月31日

『活』2014年夏号発行

『活』夏号は消化器疾患の特集です。村上雅彦先生の内視鏡手術に関する講演はビデオを駆使したものでしたが、記事として読んでいただいても、十分に臨場感を味わえると思います。読むと、この25年間の変化に驚かされます。「便通障害」については、松岡美佳先生に新たな稿をおこしていただき、特集としてのバランスがとれました。このフィールドにも新薬の参入があり、さらに漢方処方の利用も増えて、なかなか面白くなってきているようです。『活』アーカイブの症例も読んでみてください。漢方というフィールドは「古くて新しい」ということを再認識できます。『活』編集長(あだち)
posted by 担当者 at 14:30| 季刊誌「活」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする