2016年10月13日

処方索引が加わり便利になった『類聚方廣義』発売!

「類聚方廣義」


類聚方廣義.jpg

一般財団法人 漢方医学研究所(著)
価格:2,500円(税・送料別)
臨床を目指す医療人の必読書『類聚方廣義』 の再版・第三刷を発行しました。巻末には新たに「処方索引」を設けました。
※『類聚方廣義』は、吉益東洞が『傷寒論』・『金匱要略』 の条文を薬方別に再構成して解説した『類聚方』に、 尾台榕堂が自らの経験を元に注解(頭注) を加えた書で 、日本の漢方家にとっては、必読の書とされています。初版は1978年刊。
bg_telInfo.gif
posted by 担当者 at 10:18| 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする