2020年01月13日

季刊誌「漢方のめぐみ」2020新春号(最終号)のお知らせ

image_megumi16.jpg

季刊誌「漢方のめぐみ」2020年新春号目次

◆巻頭随筆 過去と未来の往復 −支える概念と思想−・・・丸山 征郎
◆漢方医学講座・臨床講座
  <テーマ>更年期障害
  ・更年期障害の漢方治療 多彩な症状に漢方の視点を活かす   ・・・久米 由美 ※1
  ・更年期症候群の実臨床−HRTの現在、過去、未来−   ・・・村上 文祥 ※2
  ・更年期障害関連処方の生薬解説・・・伊藤美千穂
◆日本漢方医学研究所基礎講座
  『類聚方広義』を読む(7)・・・足立 秀樹
◆漢方の森
  胃腸虚弱者における食後の背部鈍痛(詰まる感じ)に六君子湯 ・・・中田 佳延
  漢方薬による間質性肺炎 ・・・中田 佳延
  直腸癌術後の肛門痛と多量の排出液に帰耆建中湯 ・・・新井 信
◆生薬の世界から
  附子 ・・・伊藤美千穂
◆生薬と生薬学
  生薬という薬・・・本多 義昭
● color corner
● 次号予告・編集後記・・・足立秀樹理事長

2020年 新春 本誌『漢方のめぐみ』の発行は本号をもって終了となります。ご購読を賜った読者の皆様に感謝します。ここで、いままでの本誌の歴史を振り返ってみたいと思います。現在の発行元、財団法人 日本漢方医学研究所が設立準備中だった1959年(昭和34年)、財団設立母胎「漢方友 の会」の会報として『活』の1巻1号が発行されました。この『活』は1972年(昭和47年)3月の財団設立以降も毎月発行され、2014年(平成26年)3月(第56巻3号)まで続きました。その後、2014年春からは季刊となり、さらに2016年(平成28年)春からは誌名を『漢方のめぐみ』と変更しました。『漢方のめぐみ』最終号は(『活』発刊から数えて)62巻1号となります。 医学雑誌として還暦を終えたところです。この間に日本漢方を取り巻く環境はめまぐるしく変化しました。とくに平成の30年間の変化は激しいものでした。私としては、平成が終わり令和となった今、ここで締めくくることも、ひとつのステップだろうと考えています。日本漢方には有り、他の医学には無いもの、飾らない純真な心に裏付けられたヒューマンなリアリズムは、日本という国から決してなくなることはないでしょう。

年度会費8,640円(4月より翌年3月まで)一部2,160円
編集委員(アイウエオ順)
足立秀樹(編集長)
新井信(副編集長)/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/久米由美/塩原仁子/中田佳延/盛岡頼子/森  満/矢久保修嗣(副編集長)
編集顧問:丸山征郎
posted by 担当者 at 01:50| 季刊誌「漢方のめぐみ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする