2012年07月01日

漢方とは

◆中国伝来の医学、日本独自の発展、現代中国医学との違い、現代医学との協調

漢方の漢は、漢字の漢と同じで、中国を意味します。また方は方技、方術の省略で、医学のことです。漢方という言葉は、江戸時代にオランダ医学を蘭方と呼ぶようになって、以前からあった中国伝来系の医学を漢方と呼ぶようになったとされます。 日本では、安土桃山時代に当時最新の明(みん)の医学が導入され、江戸時代を通じて日本独特の発達を遂げ、また西洋医学の影響なども受けた結果、親元中国とはだいぶん違った形の医学になりました。この日本化した中国伝来系の医学を漢方といいます。 現在では、漢方とは日本の伝統医学を意味しています。最近では西洋近代医学と協調する形で科学的研究もすすんでいます。

◆複数の生薬(草根木皮など)の組み合わせ

この漢方の第一の特徴は、草根木皮などの生薬を組み合わせて使うことです。しかもどんな生薬をどのくらいずつ組み合わせるかには特別の約束事があって組み合わせ方ごとに名前がついています。現在の漢方薬の名前は、この生薬の組み合わせ方の名前のことで、葛根湯、小柴胡湯などがこれにあたります。

◆オーダーメイドの薬

漢方医学の第二の特徴は、病人の個人差を重く見る点です。どんな病気でも、病名が同じでも病人ごとに現れる症状は少しずつ違います。漢方では、それぞれの病人があらわす様々な症状全体とその人の体質や体力などを総合的に判断して、各人に合った漢方処方を選択することを目標とします。これが、西洋医学とひと味違うところです。

◆民間薬との違い

センブリ、ゲンノショウコ、アロエなどを漢方薬だと思っておる方もありますが、これらは民間薬と呼ばれます。民間薬は、ある症状に対して一つあるいは少数の植物を使うもので、病人の体質や体力などは考慮されません。欧米で植物療法と呼ばれるものも同様です。

◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00| 漢方とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする