2012年07月04日

【内分泌代謝疾患】に比較的よく使用される漢方薬

内分泌代謝疾患【糖尿病性末梢神経障害】
 牛車腎気丸など

※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。

◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00| 漢方薬が使われる主な症状・疾病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神経疾患】に比較的よく使用される漢方薬

神経疾患【頭痛、偏頭痛】
  呉茱萸湯、五苓散、半夏白朮天麻湯
  釣藤散など
【めまい】
 苓桂朮甘湯、五苓散、半夏白朮天麻湯など

※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。


◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00| 漢方薬が使われる主な症状・疾病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【精神科疾患】に比較的よく使用される漢方薬

精神科疾患【自律神経失調症、神経症、不眠症】
  柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯
  抑肝散、加味逍遙散、柴胡桂枝乾姜湯
  半夏厚朴湯、酸棗仁湯、帰牌湯など

※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。

◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00| 漢方薬が使われる主な症状・疾病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【整形外科疾患】に比較的よく使用される漢方薬

整形外科疾患【腰痛症・坐骨神経痛】
  八味地黄丸、当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  疎経活血湯など
【変形性膝関節症】
  防已黄耆湯など
【腓腹筋攣縮(こむらがえり)】
  芍薬甘草湯

※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。


◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00| 漢方薬が使われる主な症状・疾病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【産婦人科疾患】に比較的よく使用される漢方薬

産婦人科疾患【月経痛、月経不順】
  当帰芍薬散、桂枝茯苓丸など
【更年期障害】
  加味逍遙散など
【不妊症】
  当帰芍薬散、温経湯など

※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。


◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00| 漢方薬が使われる主な症状・疾病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする