2016年02月07日

季刊誌「活」2016年新春号のお知らせ

katsu_58_01.jpg
季刊誌「活」
● 小倉医学(6) 小倉医学を私なりに、再び、問い直す(丸山 征郎)
● 平成25年度漢方医学講座・臨床講座
  テーマ「神経内科-頭痛・てんかん」
  ・神経疾患の漢方治療 頭痛・眩暈 (村松 慎一) ※1
  ・頭痛・てんかん診療の最新情報 (河村 満) ※2
  神経内科関連処方(頭痛・てんかん)構成生薬解説
  −菊花・釣藤鈎・白芷−(金 俊成)
● 傷寒論の基礎と臨床(13)
  熱入血室、柴胡剤と瀉心湯類・心下痞の治剤、瓜菷散(足立 秀樹)
● 漢方の森(11)
  インフルエンザに麻黄湯 (足立 秀樹)
  前立腺部の痛みに当帰四逆加呉茱萸生姜湯 (盛岡 頼子)
● 生薬の世界から(9)
  薏苡仁 (伊藤 美千穂)
● 生薬と生薬学
  「生薬学」以前(2) (本多 義昭)
● 筍庵随想(103)
  外台秘要のひろいよみ(19) (山田 光胤)
● color corner
● 次号予告・編集後記
年度会費8,640円(4月より翌年3月まで)一部2,160円
編集委員(アイウエオ順)
編集長:足立秀樹
新井信/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/塩原仁子/盛岡頼子/森満/矢久保修嗣
編集顧問:丸山征郎
編集所:一般財団法人日本漢方医学研究所
申込みはこちらから ≫
posted by 担当者 at 11:04| 季刊誌「活」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

季刊誌「活」2015年秋号のお知らせ

katsu_57_03.jpg
季刊誌「活」
● 小倉医学(4) 玄米菜食一日一食を再考する(丸山 征郎)

● 平成25年度漢方医学講座・臨床講座
  テーマ「呼吸器疾患」
  ・呼吸器感染症 診断と治療に関する最近の話題 (二木 芳人) ※1
  ・呼吸器感染症 かぜ症候群など (新井 信) ※2
  呼吸器感染症関連処方の生薬解説 (伊藤美千穂)
● 寄稿論文
  <エディトリアル> 「肝生の肝機能改善効果の検証」によせて (足立 秀樹)
  <寄稿論文> 肝生の肝機能改善効果の検証 (銭谷 幹男、和田 高士)
● 傷寒論の基礎と臨床(12)
    結胸 (足立 秀樹)
● 漢方の森(10)
  胃の張りと痛みに清熱解鬱湯 (新井 信)
  在宅患者さんの呼吸器症状に清肺湯(先急後緩か先補後瀉か (上田ゆき子)
● 生薬の世界から(8)
   葛根 (伊藤 美千穂)
● 生薬と生薬学
    「生薬学」以前 (本多 義昭)
● 筍庵随想(102)
  外台秘要のひろいよみ(18) (山田 光胤)
● color corner
● 次号予告・編集後記
年度会費8,640円(4月より翌年3月まで)一部2,160円
編集委員(アイウエオ順)
編集長:足立秀樹
新井信/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/塩原仁子/盛岡頼子/森満/矢久保修嗣
編集顧問:丸山征郎
編集所:一般財団法人日本漢方医学研究所
申込みはこちらから ≫
posted by 担当者 at 16:19| 季刊誌「活」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

季刊誌「活」2015年夏号のお知らせ

katsu_57_02.jpg
季刊誌「活」
● 小倉医学(4) 玄米菜食一日一食を考える(丸山 征郎)

● 平成25年度漢方医学講座・臨床講座
  テーマ「消化器疾患(肝胆膵)」
  ・生活習慣病と肝・胆疾患 (銭谷 幹男) ※1
  ・肝障害(肝炎など)・黄疸・腹痛 (足立 秀樹) ※2
  消化器疾患関連処方(肝胆膵)構成生薬説ー柴胡・半夏・黄芩(金 成俊)
● 「活」アーカイブ/解説と再録
  解説/肝胆疾患 (足立 秀樹)
● 傷寒論の基礎と臨床(11)
   火逆の処方、調胃承気湯、抵当湯・抵当丸 (足立 秀樹)
● 漢方の森(9)
  てんかんに柴胡加龍骨牡蠣湯と五苓散の併用、”だるい”に五苓散 (足立 秀樹)
● 生薬の世界から(7)
   地黄 (伊藤 美千穂)
● 生薬と生薬学
    2つの軍局方 (本多 義昭)
● 筍庵随想(101)
  外台秘要のひろいよみ(17) (山田 光胤)
● color corner
● 次号予告・編集後記
年度会費8,640円(4月より翌年3月まで)一部2,160円
編集委員(アイウエオ順)
編集長:足立秀樹
新井信/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/塩原仁子/森満/矢久保修嗣
編集顧問:丸山征郎
編集所:一般財団法人日本漢方医学研究所
編集協力:ワイ・エス デザインルーム
申込みはこちらから ≫
posted by 担当者 at 21:13| 季刊誌「活」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

季刊誌「活」2015年春号のお知らせ

katsu_57_02.jpg
季刊誌「活」
● 小倉医学(3) エクササイズ再論 (丸山 征郎)

● 平成24年度漢方医学講座・臨床講座
  テーマ「精神神経疾患」
  ・うつ病の診断と治療(伊藤 洋) ※1
  ・うつに関する漢方(幸田 るみ子) ※2
  ・うつ関連処方の生薬的解説 (石毛 敦)
● 「活」アーカイブ/解説と再録
  解説/うつ病 (足立 秀樹)
● 傷寒論の基礎と臨床(10)
   小紫胡湯(少陽病の典型)とそのバリエーション (足立 秀樹)
● 四診の実際
● 漢方の森(8)
  抑うつ状態を伴う慢性頭痛に五苓散 (森 満)
  インフルエンザの一例と動悸の二例 (足立 秀樹)
● 生薬の世界から(6)
   生姜 ―これをどう読みましょう―
  「ショウキョウ」「しょうが」「Shengiang」 (伊藤 美千穂)
● 生薬と生薬学
   下山「生薬学」の「叙言」から (本多 義昭)
● 筍庵随想(100)
  外台秘要のひろよみ(16) (山田 光胤)
● color corner
● 次号予告・編集後記
年度会費6,480円(4月より翌年3月まで)一部1,620円
編集委員(アイウエオ順)
編集長:足立秀樹
新井信/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/塩原仁子/森満/矢久保修嗣
編集顧問:丸山征郎
編集所:一般財団法人日本漢方医学研究所
編集協力:ワイ・エス デザインルーム
申込みはこちらから ≫
posted by 担当者 at 17:28| 季刊誌「活」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

季刊誌「活」2015年新春号のお知らせ

katsu_56_02.jpg
季刊誌「活」
● 小倉医学(2) 漢方と対を成す車輪::食養 (丸山 征郎)

● 平成24年度漢方医学講座・臨床講座
  テーマ「糖尿病」
  ・変わりつつある糖尿病診療 現代糖尿病:最近の進歩 (阪本 要一) ※1
  ・メタボリック症候群に対する漢方 (渡辺 賢治) ※2
  ・糖尿病関連処方構成生薬解説
  ・―地黄・麦門冬・蓮肉・石膏― (金 成俊)
● 「活」アーカイブ/解説と再録
  解説/糖尿病・メタボリック症候群・肥満 (足立 秀樹)
● 傷寒論の基礎と臨床(9)
   「太陽病、服後の変」の続き(五苓散の類、梔子鼓湯の類、附子剤) (足立 秀樹)
● 四診の実際
  腹診実技 (矢久保修嗣)
● 漢方の森(7)
  脳機能障害に葛根湯 (足立 秀樹)
● 生薬の世界から(5)
   ジジファス・ジュジュバ(大棗と酸棗仁) (伊藤 美千穂)
● 生薬と生薬学
   伝統薬の諸相(3) (本多 義昭)
● 筍庵随想(98)
  外台秘要のひろよみ(15) (山田 光胤)
● color corner
● 次号予告・編集後記
年度会費6,480円(4月より翌年3月まで)一部1,620円
編集委員(アイウエオ順)
編集長:足立秀樹
新井信/伊藤美千穂/上田ゆき子/門倉久実子/塩原仁子/森満/矢久保修嗣
編集顧問:石野尚吾/丸山征郎
編集所:一般財団法人日本漢方医学研究所
編集協力:ワイ・エス デザインルーム
申込みはこちらから ≫
posted by 担当者 at 07:56| 季刊誌「活」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする