2012年07月04日

【循環器疾患】に比較的よく使用される漢方薬

循環器疾患【高血圧症、その随伴症状改善に】
 大柴胡湯、黄連解毒湯、八味地黄丸、釣藤散など
【本態性低血圧症、起立性調節障害】
 真武湯、半夏白朮天麻湯など


※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。
posted by 担当者 at 00:00

2012年07月04日

【整形外科疾患】に比較的よく使用される漢方薬

整形外科疾患【腰痛症・坐骨神経痛】
  八味地黄丸、当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  疎経活血湯など
【変形性膝関節症】
  防已黄耆湯など
【腓腹筋攣縮(こむらがえり)】
  芍薬甘草湯

※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。


◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00

2012年07月04日

【泌尿器疾患】に比較的よく使用される漢方薬

泌尿器疾患【前立腺肥大症】
 八味地黄丸、牛車腎気丸など

※ご注意
あくまでここに記載している処方は例になります。
実際には、漢方医学の考え方で適切な漢方薬を選択する必要があります。

◆◆漢方についてのページに戻る◆◆

posted by 担当者 at 00:00

2012年07月01日

漢方は長寿社会にどのように役立っているか

◆世界一の長寿社会を迎えて

わが国は短期間に世界一の長寿国になりました。ある予測では、介護を要する人は、2025年には520万人に達すると言われ、これが現在の介護保険制度導入のきっかけになりました。この長寿社会では、一方に65歳以上のうち、お世話を要する人が約13%ありますが、これを逆に見れば、その7倍の「健康でファイトがあって、円熟した頭脳と豊富な経験を持った高齢者」が増えることと考えられます。このような長寿社会にあって、多くの高齢者の願いは、「すこやかに、ファイトを..

posted by 担当者 at 00:00